2009年07月31日

逆張り

しっかりFXでお金を稼ぐために必要なのは
多様な戦略を張り巡らすという事です。


その為、常に社会情勢に耳を傾け、
どこ国がどのような状態にあるのかというような
情報網に常に目を通し、たくさんアンテナを張るという事が必要です。

さらに、そのような分析の他にも、注意深くチャ−トを分析し、
今後どのように動いていくかを予測していく必要があります。


FX用語の一つである「逆張り」も、
様々な戦略の中の一つとしてあげられます。


この逆張りというのは、様々な戦略的なFX用語の中にあって、基本ともいえます。


逆張りとは、まさしく、読んで字のごとく
現在の市場の流れとは全く逆の買い方、売り方をする事をいいます。


例をあげると、チャートを見る限りでは、
ここ一月の間は下がりっぱなしの為替があるとします。

その下がりっぱなしの為替を購入するのが、逆張りです。


流れがもうすぐ変わる事を予測し、
下降トレンド状態のその為替を買うという事であり

つまり、その為替が買われすぎであると判断したと言う事ですね。


通貨にはそれぞれ、適正価値と言うものがあります。

その適正価格を超えた買われ方、売られ方をしているであろうと思われる通貨には、この逆張りが有効なのです。


逆張りのポイントとしては、一手先をみていると言う事です。


もちろん予測によって動くので、リスクはあります。


しかし、誰よりも早く変遷の流れを読み、
今現在の流れとは全く逆の売買を行い、
実際にそ読んだの変遷通りに動きさえすれば
莫大な利益を得る事が出来るはずです。

言うのは簡単ですが、実際予測するのは難しいのですが

日頃から常に分析をしておけば、
さして大きな読みちがいはしなのでは無いかと思います。

とはいえ、ある程度ロスカットラインを
ゆとりを持って設定していないと、
流れが変わる前に自動的に売買されたりする事もあるので
この辺のバランスには十分注意してください。


ラベル:FX用語 逆張り
【関連する記事】
posted by FX at 11:00| FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

トレンド

金融取引のばあい、FXに限らず、
その取引のチャートの流れの事をよくトレンドと言います。


普通の言葉だとトレンドと言うと、流行という意味ですよね。

その流行、すなわち流れという言葉の意味から、
FXを初め、多様な金融取引の用語で、
トレンドとは市場の流れ、
その為替や銘柄の流れの事を指す言葉として使われます。


このトレンドという言葉は一般的に

上昇トレンド(アップトレンド)
下降トレンド(ダウントレンド)
といった使い方をされます。


どちらもFX用語ですが、
上昇トレンドは市場や特定の為替などが好調で
上昇しているという事を表し
逆に下降トレンドはその逆の不調だという事を表しています。

FXで利益を出す最大のコツは
このトレンドを読みきる事がと言えるでしょう。


不況の時には、このトレンドはほぼ下降トレンドと成ります。

たまに何かしらの影響で上昇し、再び下降、
と言う状態を繰り返します。

最も多いパターンが
下降トレンド状態が長くつづき、その合間に短期的にの上昇すると言うパターンです。

そのような状況で確実にトレンドの変遷を読むのは、
結構難しいです


ただ、株などと比べればFXにおける上昇、下降のトレンドは読みやすいと言えるかもしれません。

特に不況の時は読みやすいでしょう。


そのワケは、
比較的FX市場は経済ニュースなど動向にに忠実な動きをする事が多いからです。

もちろん、完全に忠実に動くという訳ではありません、
逆に反発もし易い傾向にあります。


つまり、世界の動向で大きなニュースがあれば、ほぼ確実に
動きがある市場といえます。


世界が相手ですから株のように、仕手によって、
全く脈絡なく上下動する事はまずありえ無いと言っても良いでしょう。


以上の事から、ある程度世の中の動きを掌握していれば、
そこまで大けがはしないようおもいます。
ラベル:トレンド FX用語
posted by FX at 23:36| FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

戻り、押し目

FXにおいて不況下での動きというものは、
実は読みづらさはそれほど無いんです。

ただ、注意してほしいのが小さなな単位で見ていくと、
やはり細かな上下動はあります。

例をあげると、昨年話題になった
リーマンショックの時などもそうですね。


2008年9月から12月にかけて起こったリーマンショックでは、
ほとんどの為替は大幅な下落でしたね。


これについては
各通貨ペアの為替のチャートを見ればすぐにわかるのですが、
これはあくまでも数ヶ月での単位です。

詳しく説明すると、このチャートの中でもある一日間にだけ絞ってみれば上昇の動きをしているものも少なくありません。


ただ、そのような上昇トレンドは一時的なもので、
すぐにまた下降トレンドに戻ってしまいます。

このように下降トレンド際のわずかな一時的な上昇を
FX用語では「戻り」と言うのです。


そして、この逆で、上昇トレンドの際に一時的に見られる
下降をFX用語では「押し目」と言のです。


この「押し目」と「戻り」は、
基本的なFX用語でFXで利益を得るためにはとても重要な用語ですので
必ず理解してください。

このように
どんな通貨ペアであっても、常に上がりっぱなし、常に下がりっぱなしという事はまずありえません。

いつかどこかで必ず転機をむかえるのです。


ですが、その転機が来るのをじっと待っているばかりでは、
なかなか簡単に儲ける事はできません。

ですから、FXで儲ける為には
その合間必ずある「戻り」や「押し目」をうまく見極め
うまく利用して行かなくてはならないのです。


特に今のような不況の時には、
このような「戻り」や「押し目」の状況になることが非常に多いです。

トレンドのベクトルが強いので、あまり転機になりにくいという事なのです。

このようにその時々の状況を良く読み、
しっかり取引を行う事が重要です。
posted by FX at 14:00| FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

分速FX24レビュー

新しいFXノウハウの登場です

その名も

分速FX24

販売ページのちょっと怪しすぎる内容に
ちょっとビビりながらも
思いっきり興味を引き付けられ

思わず購入していました^^;


まだ、読んだだけで実践はこれからですが
なんだか行けそうな予感!

良い買い物をしたかもしれない


って実践してみないとわからないですけどね^^

これから実践記録を交えて紹介していくので
お楽しみに

ちなみにドンドン値上げしているので
気になる方はお早めに

分速FX24
posted by FX at 00:10| Comment(20) | 分速FX24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。