2009年01月16日

戻り、押し目

FXにおいて不況下での動きというものは、
実は読みづらさはそれほど無いんです。

ただ、注意してほしいのが小さなな単位で見ていくと、
やはり細かな上下動はあります。

例をあげると、昨年話題になった
リーマンショックの時などもそうですね。


2008年9月から12月にかけて起こったリーマンショックでは、
ほとんどの為替は大幅な下落でしたね。


これについては
各通貨ペアの為替のチャートを見ればすぐにわかるのですが、
これはあくまでも数ヶ月での単位です。

詳しく説明すると、このチャートの中でもある一日間にだけ絞ってみれば上昇の動きをしているものも少なくありません。


ただ、そのような上昇トレンドは一時的なもので、
すぐにまた下降トレンドに戻ってしまいます。

このように下降トレンド際のわずかな一時的な上昇を
FX用語では「戻り」と言うのです。


そして、この逆で、上昇トレンドの際に一時的に見られる
下降をFX用語では「押し目」と言のです。


この「押し目」と「戻り」は、
基本的なFX用語でFXで利益を得るためにはとても重要な用語ですので
必ず理解してください。

このように
どんな通貨ペアであっても、常に上がりっぱなし、常に下がりっぱなしという事はまずありえません。

いつかどこかで必ず転機をむかえるのです。


ですが、その転機が来るのをじっと待っているばかりでは、
なかなか簡単に儲ける事はできません。

ですから、FXで儲ける為には
その合間必ずある「戻り」や「押し目」をうまく見極め
うまく利用して行かなくてはならないのです。


特に今のような不況の時には、
このような「戻り」や「押し目」の状況になることが非常に多いです。

トレンドのベクトルが強いので、あまり転機になりにくいという事なのです。

このようにその時々の状況を良く読み、
しっかり取引を行う事が重要です。
【関連する記事】
posted by FX at 14:00| FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。