2009年07月30日

トレンド

金融取引のばあい、FXに限らず、
その取引のチャートの流れの事をよくトレンドと言います。


普通の言葉だとトレンドと言うと、流行という意味ですよね。

その流行、すなわち流れという言葉の意味から、
FXを初め、多様な金融取引の用語で、
トレンドとは市場の流れ、
その為替や銘柄の流れの事を指す言葉として使われます。


このトレンドという言葉は一般的に

上昇トレンド(アップトレンド)
下降トレンド(ダウントレンド)
といった使い方をされます。


どちらもFX用語ですが、
上昇トレンドは市場や特定の為替などが好調で
上昇しているという事を表し
逆に下降トレンドはその逆の不調だという事を表しています。

FXで利益を出す最大のコツは
このトレンドを読みきる事がと言えるでしょう。


不況の時には、このトレンドはほぼ下降トレンドと成ります。

たまに何かしらの影響で上昇し、再び下降、
と言う状態を繰り返します。

最も多いパターンが
下降トレンド状態が長くつづき、その合間に短期的にの上昇すると言うパターンです。

そのような状況で確実にトレンドの変遷を読むのは、
結構難しいです


ただ、株などと比べればFXにおける上昇、下降のトレンドは読みやすいと言えるかもしれません。

特に不況の時は読みやすいでしょう。


そのワケは、
比較的FX市場は経済ニュースなど動向にに忠実な動きをする事が多いからです。

もちろん、完全に忠実に動くという訳ではありません、
逆に反発もし易い傾向にあります。


つまり、世界の動向で大きなニュースがあれば、ほぼ確実に
動きがある市場といえます。


世界が相手ですから株のように、仕手によって、
全く脈絡なく上下動する事はまずありえ無いと言っても良いでしょう。


以上の事から、ある程度世の中の動きを掌握していれば、
そこまで大けがはしないようおもいます。
ラベル:トレンド FX用語
【関連する記事】
posted by FX at 23:36| FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。